1. 千葉県八千代の不動産総合企業オカムラホームTOP >

  2. 地域情報一覧>
  3. 八千代中央駅周辺 地域情報
駅前画像

八千代中央駅は1996年に開業し、周辺は区画整理されたゆりのき台を中心に綺麗な街が広がり、
生活利便性が高く、住宅地として人気の高いエリアです。
駅前にはスーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストア等が並んでおり、お勤め帰りのお買い物にも便利。
また「八千代市役所」をはじめ「TRC八千代中央図書館」や「八千代市市民体育館」、「八千代市総合生涯学習プラザ」などの
公共施設が集まり、公共サービスが使いやすいことも人気の理由の一つです。
家族で楽しめるイベントも多く、春にはゆりのき通りでつつじ祭り、夏には新川で行われる花火大会、
秋には八千代どーんと祭り、冬にはニューリバーロードレースという3,500人以上が参加するマラソン大会などを開催。
四季折々に楽しみのあるエリアです。

街並みイメージイラスト

八千代中央の便利スポットをご紹介

八千代中央の便利スポットをご紹介

選択したボタンのスポットがマップ上に表示されます

オカムラホーム友の会 協賛店舗

オカムラホーム友の会会員様は協賛店でお得な特典が受けられます。

    • そらまめ フレンチレストラン

      八千代中央駅前のメイン通りから少し中に入った所にひっそりと建つレストランそらまめ。赤いドアを開けると、店内には手作りの小物や絵が飾られ、とても暖かい雰囲気をかもしだしています。店内中央に飾られた小さなそらまめの粘土細工もご主人の知り合いの方の作品との事。店名の由来を聞くと、「これが・・・(笑)」と少し照れくさそうにこんなエピソードを話してくれました。ご主人が以前、北習志野でお店を開いていた時に、見習いとして働いていたスタッフの子に「お前が店を出す時には、俺が店の名前を決めてやるよ。」と思いついた『そらまめ』という名前を提案すると、冗談に受け取られて、逆に「次、支店とかを出す時にはその名前にしてください!」と言われ、その結果、八千代中央にお店を構える際にこの名前になったそうです。「おしゃれな横文字の名前は覚えにくいから・・・」と覚えやすくするため平仮名になりました。地元の方に23年愛され続けているのは、“またあれが食べたい”と思った時に食べられる店でありたいというご主人のこだわりがあるから。高級食材を使う事で値段が上がる事を嫌がり、手に入る食材で作る、オープン当時からほとんど変わらない家庭的なメニューに、親子三世代で通い続けてくれているお客様もいる。「人気メニューは、手作りハンバーグとつぼ焼きのこのクリームスープ。家庭的な味でまさに“また食べたい”と思わせる優しい味でした。現在、店内は新しいサービスに向けて、カウンターを設置したり、準備を着々と進行中です。何が始まるかはお楽しみ。

      • TEL 047-486-0112
      • 営業時間/
      • ランチ:11:00~14:00(LO13:30)
      • ディナー:18:00~21:00(LO20:30)
      • テイクアウト:11:00~22:00
      • 定休日/水曜日
      • 住所/八千代市ゆりのき台2-3-2
      • 特典
      • お食事に付ウェルカムドリンクをサービス
    • café-imoan カフェ

      赤いレトロなエレベーターに乗り、2階に上がるとそこには別空間が。市内一のお花見カフェと名高い『café-imoan』。白を基調にした店内は、ここだけゆっくりと時間が流れているような雰囲気です。テーブルは古道具屋から手に入れた餅板にアイアンの足をつけリメイクしたもの。椅子は年代物でイギリス製、体に馴染み、居心地の良い店内の名わき役。オーナーのこだわりが随所にみられます。味のある店内奥にはギャラリーが併設され、店主お気に入りの作家さんに依頼し窯元から直送された温かみのある砥部焼きが並んでいます。「日本の物」を置きたいと集められた蚊帳ふきんや和紙雑貨を見ながら、お食事を待つのも楽しいひとときに。お店の看板メニューは牛すじカレー¥750。仲良し母娘が作る料理は、野菜の彩りが綺麗で目にもおいしく映ります。大きめのカップにたっぷり注がれたコーヒーは、つい長居してしまうお客様にちょうど良い量です。「和み」と「深み」の2種類がありお食事とセットで¥150、単品¥400。ショーケースの中には、ほっこり癒されそうなおやつがたくさん。おすすめはプリン¥300。土日祝日にしか楽しめないローストビーフサンド¥800や春限定のジュース、夏限定の桃スカッシュも絶品です。日常を忘れ、木々を眺めながら思い思いにゆっくり時を味わえる隠れ家カフェです。

      • TEL 047-429-8681
      • 営業時間/11:00~18:00
      • 定休日/水曜・木曜日
        (不定期で臨時休業あり)
      • 住所/八千代市大和田新田353-101
        ナツミビル2F
      • 駐車場/1台
      • 特典
      • ミニおやつサービス
    • Restaurant 51 フレンチレストラン

      「51の由来は、料理を五感で感じてもらいお客様に1つの余韻を残したいという意味が込められています。」と話すシェフ竹澤進矢さんは、「日本エスコフィエ協会が主催する3回エスコフィエ・フランス料理コンクールで決勝に進出した実力者。店内に入ると、正面の白壁には人目を惹くダイナミックな「太陽」の画が象徴的に描かれています。ジェフの友人で感情や音を色で表現する画家、河田彦さんの作品との事。ランチももちろん美味しいが、シェフ渾身のディナーを是非召し上がっていただきたい。その時に仕入れた旬の食材は国内外問わず良質な物を取り寄せていて、最高の状態で味わって頂きたいというジェフのこだわりから、ディナー営業はメニューがなく、その日のお客様に合わせて料理する為、完全予約制になっています。壁に描かれた「大陽」の画料理に華を添えるワインは全てオーガニックで、ジェフが飲んで美味しいと思ったものだけを常時100種類以上取りそろえています。店内で使われているグラスなどにもこだわって、シンプルでも料理を引き立てる九十九里の「スガハラガラス」の作品を使用しています。都内よりもリーズナブルな価格で提供しています。これからの時期はジピエ料理も多数ご用意しております。」と言うシェフ。その日、その時、その人だけのために本気のシェフが作る、本物のフレンチ料理に胸を躍らせませんか・・・

      • TEL 047-407-0151
      • 営業時間/
      • ランチ:11:30~15:00(LO13:30)
      • ディナー:17:30~22:00(LO20:30)
      • テイクアウト:11:00~22:00
      • 定休日/月曜日・不定休
      • 住所/八千代市ゆりのき台1-14-2
        ナソレイユ
      • 駐車場/1台
      • ランチ/1,000円〜
      • 特典
      • ワンドリンクサービス
    • きたみCoffee コーヒー豆店

      八千代市萱田町に、誰もが目を惹く古民家「さわ田茶屋」があります。一歩暖簾をくぐると、玄関の打ち水がお出迎え。古き良き時代の面影を肌で感じる事が出来ます。戦後初代内閣総理大臣「東久邇宮稔彦」の別邸を譲り受け、住居として使用していた所を改築し「さわ田茶屋」を開業しました。内装は住居として使用していた時の面影を残しつつ、落ち着いた雰囲気。天井の梁、漆喰の土壁、錦鯉が泳ぐ庭園など。食事を楽しむのはもちろんですが、おもてなしを目で見て楽しむことが出来ます。手打ち蕎麦にこだわりがあり、毎朝早朝に社長自ら蕎麦打ちをしています。その日の天候、気温により配合を変えその日の一番をお客様へご提供しています。八千代市で蕎麦を栽培もしており、毎年12月~翌年の2月末まで八千代市のそばを堪能する事が出来ます。蕎麦の風味豊かで、のどごしが抜群です。昼の落ち着いた雰囲気で食事を楽しむことも出来ますが、年に4回ぐらい夜に歌謡ショーなどイベントも催しています。地酒も豊富に取り揃えてありますので、昼とは全く違った雰囲気で楽しむことが出来ます。古民家の落ち着いた雰囲気とお出迎えしてくれる従業員さんの温かいおもてなしや美味しいお食事で、日々の疲れた心を癒してくれる「さわ田茶屋」さんです。

      • TEL 047-489-5946
      • 営業時間/10:00~18:00
      • 定休日/月曜日
      • 住所/八千代市ゆりのき台7-22-4
      • 駐車場/有(店舗裏2台)
      • 料金/コーヒー豆(250g)1,000円〜
      • 特典
      • コーヒーお買い上げの方に、おすすめコーヒー50gプレゼント
    • さわ田茶屋 懐石料理・手打蕎麦

      八千代市萱田町に、誰もが目を惹く古民家「さわ田茶屋」があります。一歩暖簾をくぐると、玄関の打ち水がお出迎え。古き良き時代の面影を肌で感じる事が出来ます。戦後初代内閣総理大臣「東久邇宮稔彦」の別邸を譲り受け、住居として使用していた所を改築し「さわ田茶屋」を開業しました。内装は住居として使用していた時の面影を残しつつ、落ち着いた雰囲気。天井の梁、漆喰の土壁、錦鯉が泳ぐ庭園など。食事を楽しむのはもちろんですが、おもてなしを目で見て楽しむことが出来ます。手打ち蕎麦にこだわりがあり、毎朝早朝に社長自ら蕎麦打ちをしています。その日の天候、気温により配合を変えその日の一番をお客様へご提供しています。八千代市で蕎麦を栽培もしており、毎年12月~翌年の2月末まで八千代市のそばを堪能する事が出来ます。蕎麦の風味豊かで、のどごしが抜群です。昼の落ち着いた雰囲気で食事を楽しむことも出来ますが、年に4回ぐらい夜に歌謡ショーなどイベントも催しています。地酒も豊富に取り揃えてありますので、昼とは全く違った雰囲気で楽しむことが出来ます。古民家の落ち着いた雰囲気とお出迎えしてくれる従業員さんの温かいおもてなしや美味しいお食事で、日々の疲れた心を癒してくれる「さわ田茶屋」さんです。

      • TEL 047-486-3311
      • 営業時間/11:00~22:00
      • 定休日/月曜日
        (祝祭日の場合火曜日)
      • 住所/八千代市萱田町595
      • 駐車場/30台
        (ファミーユ脇からお入りください)
      • 特典
      • お食事に付ワンドリンクをサービス

当社分譲地実績

  • ミライナ八千代中央10番街

  • ミライナ八千代中央8番街

  • ミライナ八千代中央

  • かざみどり公園タウン

  • 木ここちタウンいぶき

  • 木ここちタウン八千代中央Ⅰ

地域情報一覧はこちら

前のページに戻る